金沢医科大学 医学部 生化学I

 

 

 

 

 

 

 

抗がん剤カンプトテシンで処理した細胞 

DNA損傷応答タンパク質53BP1(緑)とDNA複製タンパク質RPA(赤)

Cells treated with camptothecin.

DNA damage response protein 53BP1 (Green)

DNA replication protein RPA (Red)

News


2018, 6, 19  昨年Scientific Reportsに出した論文「Aquarius is required for proper CtIP expression and homologous recombination repair」がTop 100 Scientific Reports Cell Biology in 2017に入りました。 Our paper published in Scientific Reports last year has been selected as Top 100 Scientific Reports Cell Biology papers in 2017.

 

2017, 12, 15  東京工業大学との共同研究である、XRCC4と細胞死に関する論文が、Experimental Cell Researchに掲載されました(publication)。The collaborative research with Tokyo Institute of Technology about the relationship between XRCC4 and cell death has been published in Experimental Cell Research.

 

2017, 11, 28  岐阜で開催された第24回DNA複製・組換え・修復ワークショップで、逆井助教がユビキチン化によるDNAトポイソメラーゼIIの制御機構について、口頭発表しました。Ryo Sakasai presented recent data on the regulation of DNA topoisomerase II by ubiquitination at the 24th DNA replication, recombination, repair workshop held in Gifu.

 

2017, 10, 26  千葉で開催された日本放射線影響学会第60回大会で、砂谷助教と逆井助教が最新の研究成果について発表しました。Yumi Sunatani and Ryo Sakasai presented recent data at the 60th annual meeting of JRRS held in Chiba.

 

2017, 10, 23  金沢大学、群馬大学との共同研究である、RNAヘリカーゼAquariusと相同組換え修復に関する論文が、Scientific Reports誌に掲載されました(publication)。The collaborative research with Kanazawa University and Gunma University about RNA helicase Aquarius and homologous recombination has been published in Scientific Reports.

 

2017, 9, 29  横浜で開催された第76回日本癌学会学術総会で、逆井助教がポスターで抗がん剤カンプトテシンで誘導されるDNA損傷の修復経路に関する研究について発表しました。Ryo Sakasai presented recent data on the repair pathway of DNA damage caused by camptothecin in a poster session at 76th JCA held in Yokohama.

 

2017, 7, 1  新しいテクニシャンが1名加わりました。A new technician has joined our lab.

 

2016, 12, 5  横浜で開催された第39回日本分子生物学会年会で、逆井助教が口頭とポスターでDNA-RNAハイブリッドとDNA修復に関する研究について発表しました。優秀ポスター賞を受賞しました。Ryo Sakasai presented recent data on the relationship between DNA-RNA hybrid and DNA repair in a symposium and a poster session at 39th MBSJ held in Yokohama. He received an excellent poster award.

 

2016, 10, 31  広島で開催された日本放射線影響学会第59回大会で、逆井助教が口頭で、砂谷助教がポスターで、最新の研究成果について発表しました。Ryo Sakasai and Yumi Sunatani presented recent data at the 59th annual meeting of JRRS held in Hiroshima.

 

2016, 8, 16  アメリカのメイン州で開催されたGordon Research Conference "DNA Topoisomerases in Biology & Medicine" で、逆井助教がトポイソメラーゼIIに関する研究でポスター発表を行いました。 Ryo Sakasai presented recent data on Topoisomrase II in poster session at the Gordon Research Conference "DNA Topoisomerases in Biology & Medicine".

 

2016, 6, 20  腎臓内科との共同研究が、Clin Exp Nephrol.に掲載されました(publication)。The collaborative study has been published in Clin Exp Nephrol.

 

2015, 12, 7  逆井助教と岩淵教授の総説が、Genes and Genetic Systemsに掲載されました(publication)。 Review article by Sakasai and Iwabuchi has been published in Genes and Genetic Systems.

 

2015, 12, 7  神戸で開催された第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会で、松井助教、砂谷助教、逆井助教が最近の研究成果を発表しました。 Tadashi Matsui, Yumi Sunatani, and Ryo Sakasai presented recent data at BMB2015 held in Kobe.

 

2015, 5, 29  京都で行われた15th International Congress of Radiation Research 2015 (ICRR 2015)で、逆井良助教が口頭発表を、砂谷優実助教がポスター発表を行いました。 Ryo Sakasai and Yumi Sunatani presented the recent results in oral session and poster session, respectively, at ICRR 2015 in Kyoto. 

 

2015,  4, 10  2名のテクニシャンが加わりました。Two technicians have joined our lab.

 

2015,  1, 14  ホームページをリニューアルしました。We have redesigned our website.